ほくろは治療でなくせる!【数回のレーザー照射治療で簡単に除去】

頭に入れておきたいこと

カウンセリング

メリットについて

ほくろ治療をしてもらう際には、最近ではほとんどのところでレーザーを使用しています。その際には炭酸ガスレーザーと言われるものを使うことが多いのですが、これは非常に優れてもので、ほくろをくり抜いてくれるため、比較的根っこが深いものでも対応できるのです。ただしほくろ治療を行った瞬間は、少し肌がくぼんだようになります。二週間ほど待てば戻りますし、加えてその箇所にあったほくろが消えていますから、より綺麗に状態にすることができます。それからレーザー治療を受ける際には一番心配なのが、痛みに関してという人も少なくありません。確かに美容のためにシミを消す、たるみを除去するといった施術を受けるのであれば、そのまま肌に向けてレーザーを照射しますから、多少の痛みはあります。ところがほくろ治療の場合だとよほどの小さなものでもない限りは麻酔をするので、ほとんど痛みは感じないと言っても差し支えありません。費用に関してですが、これはどのクリニックに行くのかでかなり違ってくるため、一概にはこれくらの金額だとは言えないです。しかし安いところを探せば数千円程度でお願いできますし、高くても数万円なので、繰り返し行っても負担になることは少ないでしょう。レーザー治療とは波長の違う光をほくろに当てて、取り除くというものです。行った直後はレーザーが当たった箇所が赤くなることがありますし、人によっては腫れなどの症状も見られます。しかしこれは一時的なもので、数日ほど経過すればいわゆるかさぶたの状態になり、そのまま放置しておくと勝手に剥がれて、下から綺麗な肌が出てくるのです。ただほくろ治療でレーザーを使う場合、医師が目視で位置を確認して、そこに当てていきます。その際に目には見えないものはそのまま放置することになりますから、時間が経つとほくろとなって肌に出てくるというわけです。つまり見逃したことになってしまうのですが、一見すると何もない状態の肌に闇雲にレーザーを当ててしまうと、肌が必要以上に凹んでしまうので、治るのに時間がかかります。仮にえぐれた部分がなくても、反対に治療したところだけが盛り上がるケースも珍しくないです。そのため無理してレーザーを当てず、ほくろとして見えるようになってから治療を行うといった方法を選択する場合が一般的です。またレーザー治療を受けた後に、赤みが出たので絆創膏を貼る人もいますが、医師からの指示がない限りは特に必要はありません。それに出血がないなら、メイクをしても良い場合があります。